20歳は挑戦の年

と さんざん言われていたのに、気づけば、何も成長することなく “ハタチ”でいられるのも 残り1ヶ月とすこしになってしまった。

まわりのみんながどんどん遠くへ行ってしまって わたしだけ取り残されている気がする というありきたりな話。

でも、まわりの人との 差 は漠然としたものではなく 目に見えている。わたしは本当に 何も成長していないのだ。

成長というのは したいと思えば出来ることではない というのはよく分かっているつもりだけど、何をしたらいいかわからない。とにかく、頭を使って考える。

20歳は挑戦の年

と さんざん言われていたのに、気づけば、何も成長することなく “ハタチ”でいられるのも 残り1ヶ月とすこしになってしまった。

まわりのみんながどんどん遠くへ行ってしまって わたしだけ取り残されている気がする というありきたりな話。

でも、まわりの人との 差 は漠然としたものではなく 目に見えている。わたしは本当に 何も成長していないのだ。

成長というのは したいと思えば出来ることではない というのはよく分かっているつもりだけど、何をしたらいいかわからない。とにかく、頭を使って考える。

あ、わたし この人みたいになりたい

って一目見て思った。

黒くて短い前髪 柔らかなウェービィヘアー 頼りなさげな眉毛 芯のある瞳 小さくて真っ赤なくちびる 赤いワンピースをさらりと着ている。

憧れでもまねっこでもなく 夢に出てきた人物のようだった。わたしが この人のようになりたいと思うことは 誰も知らないくらい昔から 決まっていたかのように とても自然なことに思えた。